アクセス解析 むさむさぶろぐ-MUSAMUSA Blog- 2007年09月

08月≪ 2007年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2007.09/21(Fri)

中天を駆ける白い光と紅の炎

………ネタです。


軽いネタですので、軽い気持ちで御覧下さい~。


chunchon33-1.jpg




↓以下、映画の内容に触れたネタマンガ&語りです。ご注意ください。
スポンサーサイト
21:28  |  中天  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
2007.09/19(Wed)

人気映画人♪

woo-2007.9.18.jpg


ウソンさんが本国の「人気映画人」として選ばれたそうです
わーーーーい!おめでとうございます
韓国の青少年は見る目があるですね!
青少年という歳ではないけれどモチロン私だって力いっぱい選びます

これからも映画界でご活躍される事でしょうから、ぜひまた選ばれて欲しいです。
↑の絵は、一応ウソンさんです(相変わらず似てませんが…)
映画という「マジック」で私達ファンを楽しませてくれる姿を描いてみました。
映画俳優だけではなく、これからは映画監督としても…かな?
バックは魂が昇天しちゃうぐらい楽しませてくれた「中天」と、これからの期待作「奴奴奴」

「授賞式」には出られるんでしょうか。ドキドキ。
久し振りにウソンスマイルが見たいな~ポゴシポヨ

ま、どちらにせよ、中国での撮影を無事に終えて元気で帰国してくれれば何よりです



以下の記事から参照しました。

『映画俳優チョン・ウソンとムン・グニョンが、青少年が選定した人気映画人に選ばれた。
大韓民国青少年映画祭が、ホームページとTingleを通じて行ったアンケート調査で、チョン・ウソンとムン・グニョンが、それぞれ男女映画俳優部門1位に選ばれた。

チョン・ウソンはハンサムな外貌と演技力で昨年に引き続き2年連続1位、
ムン・グニョンは4年連続1位に選ばれた。また監督は『ブラザーフッド(原題:太極旗を翻して)』のカン・ジェギュ監督、新人俳優は『離れの選手とお母さん』のコ・ウナ、元老映画人はシン・ソンイルが選ばれた。

29日、大韓民国青少年映画祭の開幕式場で、授賞式が行われる。
大韓民国青少年映画祭は、本選をパスした84編と優秀招請作を、29日から10月3日まで大田市立美術館、シノス大田等で上映する。』(「innolife」2007.9.17 記事より)


00:01  |  Mr.Woo-Sung Jung  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
2007.09/12(Wed)

彷徨う想い~中天~(完全版…^^;)

オレのヨナは何処にいるんだろう……







スクリーン鑑賞以来、「中天」熱は相変わらずヒートアップしています。
この気持ちに対して、描く(書く)スピードがぜんぜんついてこなくて
シネマフェスで公開されたらあれもこれも描こう~と思っていたけれど、
よくばりな私はやっぱりあれの方が描きたい~とボツを繰り返す日々
(ウソンのダンスCMに心奪われたり←マイパソでは動画見れないからまた見に行かなきゃ~~)


今回はとりあえず「絵」だけアップ~~。
語りはまた後日に……スミマセン



バタバタしている日々ですが、ボチボチ描き進めています。
というか、中天更新ばっかりでいいのかな!?
拍手、ありがとうございます♪
(9/13追記)


↓以下、追加しました♪映画の内容にふれています。ご注意ください(9/15追記)
07:26  |  中天  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑
2007.09/07(Fri)

中天での二人-2-


『あなたの記憶の中にいる…あの人は誰?』

chunchon31-1.jpg

chunchon31-2.jpg

chunchon31-3.jpg



ソファの強い霊気に気絶してしまったイグァク。
その彼の心の中にいるヨナを初めて知るソファのシーン…。


↓映画の内容に触れています。ご注意ください。
今回は私なりの解釈もしています。どうか広い心で見てくださいませ(^^;)

テーマ : 韓国映画 - ジャンル : 映画

20:55  |  中天  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2007.09/03(Mon)

韓流シネマフェスティバルで「中天」を鑑賞

韓流シネマフェスティバルの「中天」!
まず大阪から上映が始まって、先週末からいよいよ東京他、各地で上映が広がって行きますね。

この週末、東京にて鑑賞してきました!!
スクリーンイグァクに会いに、旅立って正解でした……

韓国版DVDを繰り返し鑑賞しましたが、
………やはり劇場のスクリーンの迫力にはかないません。

初めて「中天」を御覧になる方、DVDでしか見たことがなかった方、などなど……
大好きなイグァクウソンと再会できる喜びを、沢山の方々も感じてくれたのではないでしょうか。
感動再びでした~~

六本木シネマートは初めて訪れましたが、落ち着いた雰囲気の良い映画館という印象でした。
土曜初回、ほぼ満員。二回目は満員。夜は人数も落ち着いてきてのんびり鑑賞できました。
日曜はずっと見続けておりました…
こんなにずっと「中天」ばかり見られて幸せ~~
さすがに最後の方はお尻が痛くなってしまいましたが、映画が終わる頃にはすっかり忘れて…

体当たりのアクション+CG。人物達の葛藤、思い…。
情感を盛り上げる音楽に、風に舞う美麗な衣装。見飽きない綺麗な映像。
ツッコミ入れたい所もあるけれど(説明もチョット足りない?上映時間もっと欲しいヨ…)
私にとってはそれら全部を含めて…
やっぱりこの映画は大好きなんだと再確認しました

↓は展示スペースにて。(画面クリックで少し大きく見えます♪)
tenji.photo4.jpgtenji.photo1.jpg

tenji.photo2.jpg tenji.photo3.jpg凛々しいイグァク~~
オフショット写真は他にも数枚。お茶目に微笑むイグァクウソンシとかも素敵でした(それなのにあまり綺麗に撮れなくて凹み…)


そして一緒に鑑賞してくれたお友達たちに感謝!
とってもとってもお世話になりました



↓以下、映画のラストシーンに関係しています。ご注意ください。
10:02  |  中天  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。