アクセス解析 むさむさぶろぐ-MUSAMUSA Blog- 「私の頭の中の消しゴム」

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2005.10/27(Thu)

「私の頭の中の消しゴム」

私の頭の中の消しゴム




とても、切ないお話しだと思いました……。
感想が上手くまとまらなかったので、絵で表現してみました♪



以下、ネタバレ有り。ご注意ください。

【More・・・】

『ここは、天国ですか?』


絵はスジンの世界を描いたつもりです。
大好きなチョルスが一緒に歩いてくれていて、
向こうには、二人が出会ったコンビニがあって、
中には大好きな家族がいる…

お気に入りシーンはいろいろあるんですが…
はじめてのドライブシーン
屋台のシーン(夫婦になってからの方♪)
姫抱っこシーン全部(←姫抱っこフェチかと誤解されそう…だって、ウソン氏カッコイイんだもん~~)

やはりラストシーンが好きです。
何とも切なくて、でも暖かい気持ちになれる素敵なラストだったと…ホロリ。
チョルスは沢山の涙を流しましたが、私の場合、ラストでの一筋の涙が絶品でした。
スポンサーサイト

テーマ : 映画・俳優絵 - ジャンル : 映画

22:40  |  私の頭の中の消しゴム  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

●泣けるけど・・・

kazuさん、こんにちは。

うっ~~・・・ 泣けるけど、ある意味希望の持てるラストシーンが印象的でしたね。
きっと2人は愛し合い、助け合いながら歩き続けるんでしょう。
スジンは何も出来ないように見えますが、その存在自体がチョルスにとっての愛の形なのかもしれません。
kazuさんの絵の様に「希望」と「愛」のある美しい映画です。

「此方向きレインボーウソン」にもまたまた「ぽっ!」
ミヤコ | 2005.10.28(金) 15:36 | URL | コメント編集

●ミヤコさんへ♪

こんにちは♪こちらにもいつも書込んでくれてありがとうございます!

ウンウン、特別などんでん返しがある訳でもないですが、とってもしみじみ来るラストでしたよね~。

>その存在自体がチョルスにとっての愛の形なのかもしれません。

素敵なコメントです~♪前半のエピソードでチョルスにとってスジンが「宝物」になっていく様が丁寧にえがかれていて素敵♪

レインボーウソン絵は、夏の来日でウソン氏にフレンズの気持ちが届いたというイメージで描きました♪(ハートはフレンズのものでもあり、ウソン氏のものでもあります。両方で解釈できるようにしてます。)
受けとめてくれたウソン氏に感謝しつつ、楽しくペイントできました。彼が好きだという「白」にレインボーが映えます。シアワセ♪

kazu | 2005.10.29(土) 07:12 | URL | コメント編集

●これで好きになりました

「私の頭の・・・」は私がウソンさんに出会えた記念すべき映画なので、
実は一番好きなんです♪
チョルスの風貌も性格もど真ん中なんです|_-。) ポッ
スジンの言葉がチョルスの心を動かす。チョルスの愛がスジンを守る。
私も好きなシーンは色々ありますが、チョルスの母親のことでチョルスが手に怪我をした時に、スジンが言った言葉が好きです。
その言葉がチョルスの心を動かし、親子の関係を修復します。
夫婦愛の他にも、色んな意味での絆を結んでくれるいい映画だと思いました。
最後チョルスがスジンに「愛してる・・・」という一言
あれだけ心に響く言霊(ことば)はありません。
今も2人で、あの手作りの台所のある家にいると思います。
時にはお父さんがお酒を持って遊びに来たり、チョルスのお母さんが
夕飯の手伝いに来たり☆
もちろん心を痛める日もあるかもしれませんが、2人の周りには
そんな影さえ消し去るいくつもの太陽があると思います。
あ・・・長くなってしまったw ごめんなさい^-^
あきみ | 2007.03.25(日) 01:44 | URL | コメント編集

●いっぱい語ってくれてありがとうございます♪

あきみさんの「チョルスが好きーー!」という気持ちがものすごく書込みから伝わって来ます!
わかりますー!最初に「出会った」作品は特別ですものね。

>スジンの言葉がチョルスの心を動かす。チョルスの愛がスジンを守る。

この言葉、素敵ですね!まさにその通り!
チョルスもスジンもお互い、一緒にいる事で良い意味で変わっていける…
いいですよね~~♪

人の本当の死は、思い出してくれる人がいなくなった時だと聞いたことがあります。
記憶がなくなってもチョルスがスジンを忘れない限り、ずっと二人は共にあるのかもしれません。

それは残された方にとって、とてもとても辛い事ですけれど、チョルスなら乗り越えられそうな気がします…涙
kazu | 2007.04.04(水) 21:36 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。